グローバルな金融機関

いわゆるペイオフってどういうこと?唐突な金融機関の経営の破綻などに伴い、金融危機に対応するための法律、預金保険法で保護される預金者(法人・団体も含む)の預金債権(預金保険法の用語)につき、預金保険機構が法に基づく給付として預金者に直接支払を行う制度を指します。

1995年に公布された保険業法の定めに基づき、保険の取り扱いを行う企業は生命保険会社、損害保険会社、2つのうちどちらかに分かれ、どちらの会社も内閣総理大臣からの免許(監督および規制は金融庁)を受けた者しか設立できないのです。

これからもわが国内においては、ほとんどの金融グループは、広くグローバルな金融市場や取引に関する規制等が強化されることも視野に入れて、経営の一段の強化や金融機関の合併・統合等をも取り入れた組織の再編成などに精力的に取り組んできています。

約40年前に設立された預金保険機構が預金保護のために支払うペイオフ解禁後の補償限度額は”預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1000万円以内”と定められている。この機構は日本政府そして日銀さらに民間金融機関全体が3分の1程度ずつ

これからは安定的ということに加え活き活きとしたこれまでにない金融市場や取引のシステムを生み出すためには、民間企業である金融機関とともに行政(政府)がお互いの抱える解決するべき問題にどんどん取り組んでいかなければいけません。