れっきとした正論

今の奨学金は過去、法律で厳しく規制、取り締まりされる前の
金融会社がやっていた事と同じです。

収入に見合わない金額をガンガン融資して多重債務者をボンボン量産した。

取り立ても今と比べ物にならないくらい激しかったです。

その結果、法律の改正と取締りの強化となり金融会社はどうなったかと言うと
中小の多くは廃業、大手は銀行の傘下に入った会社は生き残った。

そうでなかった武富士は倒産しましたね。

当時も「借りた物は返す」という正論を振りかざす者が多かった。

正論に正論で返すなら「ない袖は振れない」だな。

コレ、れっきとした正論だぜ。

奨学金は「期限の利益の喪失」という手続きが契約に盛り込まれていない
パターンが散見され、消滅時効の援用が一般的な融資の場合と異なります。

また、奨学金は連帯保証人を取るケースが多いため
債務者が民事再生や自己破産すればいいだけでは済みません。

法律による救済をさせないような契約にしているわけですな。
ある意味、消費者金融より極悪ですよコレ。
まるで闇金です。
であれば、闇金解決しなきゃいけません。

学生を取り巻く経済的な環境、就職をめぐる環境を考えれば
現行制度の貸付型の奨学金は廃止するべきです。